ビザ・帰化・国際結婚手続きなら静岡沼津の中国語のできる行政書士内村にお任せ!

ドローンを購入した!早速飛ばしたい!
でもちょっと待ってください、現在ドローンの飛行は規制されており、例えば東京都内の殆どの地域は下記画像の内「人口集中地区の上空(c)」にあたりますので無許可での飛行は規制されます

 

{59681A2D-98B9-4D94-946B-9F06A96FFF79}
無許可で飛行できるのは上記画像のABCどれにも当たらない地域ですが、東京都内にはほぼ存在しません。
国土交通省に許可を申請する必要があります。

 

 

その場合の申請はいろいろな種類がありまして、普通は業務で使うにしろホビーで使うにしろ何度も飛ばすことが前提でしょうから「包括申請」というので1年間何度も飛ばせるのですが、この場合飛ばしたあとも報告が必要なので全部自分でやろうとすると結構面倒くさいです。

 

もし、「とりあえず試しに都内で一回だけ飛ばしてみたい」というのであれば「通常申請」というものであれば、一回だけしか飛ばせない代わりにルールを守って飛ばせば事後報告は必要ありません。

 

前述の通り、窓口は国土交通省になります。詳しくは下記に。
国土交通省

 

 

室内や、バッテイングセンターやゴルフの打ちっ放しなど囲われた場所なら許可はいりませんが、所有者の許可は必要ですのでまず難しいと思います。

 

 

都内の屋外で飛ばす場合、公園だと条例でドローン禁止になってる事が多いので、国土交通省から許可はおりたけど条例でダメというパターンになってしまうので、現実的には河川敷や海辺なら許可がおりやすいようです。

 

住宅密集地域で許可が降りるのは建築現場などの撮影など、業務で使う場合がほとんどで、その場合も近隣住民にお知らせを配布するなどかなり面倒です。

 

規制地域にあたるかどうかは「地図による小地域分析(jSTATMAP)」というので調べることができます。

 

全般的に、「危ないから規制を始めよう」ということで始まった規制なので、許可は安全を何重にも確認した上でないとおりにくいようになっています。

 

行政書士であれば、国土交通省に対し代理申請することが可能です。当事務所でも申請を承ります。

関連ページ

テスト
当事務所の取り扱い業務について

 
ホーム 事務所概要 取扱業務 費用 お問合わせ ブログ